心の病を治すことは早期に発見して治療が必要

サイトメニュー

働けなくなった場合

医者

その仕組みと費用

現代社会では、うつ病になってしまうこともありますが、程度が重い場合には学校や会社に行けなくなることがあります。特に、社会人として会社に行けなくなる場合には深刻な状態といえるでしょう。多くの場合、会社に行くことで収入を得て生活していますので、会社に行けなくなった場合にはその段階で収入減がなくなってしまいます。ただ、日本国憲法では国民の最低限度の生活を国が守るように規定されているため、国もそれに応じた制度を創設しています。その一つが、障害年金になります。障害年金は、健康保険に加入していることでもらうことができます。保険に入っている人は、会社員だけでなく通常は派遣社員やアルバイトそしてパートタイマーも加入しているでしょう。未加入の場合にはもらうことができませんが、確実に加入していればその分だけもらうことが可能になります。この仕組みですが、まずは等級によって分かれることを理解しておくことが必要でしょう。障害年金は、1級から3級まであるのが特徴です。それぞれ、うつ病の状態によってどの等級に分かれるかが決まってきます。例えば、1級に認定される場合には介護が必要なほどの状態になっていることが必要です。一人では生活できないレベルになりますので、受給額もさらに高くなります。とはいえ、あくまで年金の範囲内ですので毎月10万円程度の受給になるでしょう。2級は介護が必要な程度ではないにしてもわりと重度なレベルに達している場合です。3級は厚生年金に加入しているかそれとも国民年金加入しているかによってもらえるかどうかがわかります。

運悪くうつ病になってしまい、保険に加入している場合には障害年金をもらうことができますが、この時にはどれぐらいの費用がかかるか気になるところです。基本的に、保険に加入しているからといって必ずもらえるとは限りません。もし、確実にもらいたいならば社労士などに依頼する必要があるでしょう。社労士の仕事でいっても、障害年金を受給するための書類を整えてくれるだけではありませんが、社労士の中には障害年金の申請に強いところもあります。この場合には、自分で知識がない場合社労士にお願いをするのが一番になります。ただ、社労士といってもそれぞれ専門分野がありますので、実績がしっかりしているところを選ぶ必要があります。例えば、今までうつ病に関する障害年金を何度も取得したことがある経歴があれば、その人に任せておけば安心です。ただ気になるのは、どの程度の料金がかかるかでしょう。裕福な家庭であれば別ですが、そうでなければ会社を長く休んでいる時点でお金に余裕はないはずです。そのため、社労士に支払うお金がどの程度かを調べておきます。社労士は、それぞれホームページを持っていることもありますので、事前にホームページなどで情報を確認しておきましょう。もし、十分にお金を支払うことができれば安心ですが、支払うお金が十分にない場合には相談することになるでしょう。場合によっては、何回かの分割払いでもかまわないとしてくれる事務所もあります。相談をする段階で、見積もりも同時にしてくれるためその時に支払いが可能かどうかを確認することが大事です。

Copyright© 2019 心の病を治すことは早期に発見して治療が必要 All Rights Reserved.