心の病を治すことは早期に発見して治療が必要

サイトメニュー

万が一に備えよう

診察

専門家からのアドバイスを参考にしよう

うつ病で専門の医療機関を受診する人の数は年々増え続けています。本人が自覚できていないケースを考えると、その数は更に増え続けることが予想されます。そして現代はストレス社会です。ストレスの蔓延する環境で暮らしていれば、いつ心の病を患っても不思議ではありません。この病気は他の病気と同様に、誰もが発症する可能性のある病気の1つとして考えられるようになりました。うつ病になると仕事だけでなく、日常生活へも大きな支障をきたします。そのような状況を想定して生命保険に加入しようとする人もいますが、1度うつ病と診断されてしまうと加入し難いのが一般的です。通常保険は告知書や健康診断書の内容により不平等とならないようリスクの高い人とそうでない人を分けて判断します。うつ病の人は残念ながらリスクが高いと判断されてしまうようです。これらのことから、万が一に備えて健康な内に生命保険に加入しておくのが無難です。しかし病気と診断されたからといって加入を完全に諦めてしまうことはありません。中には、病気と診断された後でも条件によっては、健康な人が入る保険に加入できる場合があるからです。まず既往歴は過去5年までなので、それ以前のことについては申告不要です。つまり過去にうつ病と診断されたことがあっても治っていれば、加入することができるのです。例え5年以内であっても症状が軽い人や経過観察中であると医師から判断された人なら加入できる可能性があります。これらの基準を満たしているかどうかは、各保険会社の審査の結果によります。

うつ病になると休職を余儀なくされるケースも少なくありません。長期間そのような状況が続けば、経済的な不安を抱えながら治療をしてくことになります。この病気を回復させるためには、家族や身近な人からの理解を得ることや治療に適した環境を維持できるかがとても重要です。少しでも回復までの道のりを短縮させるためにも、万全の体制で治療に専念しましょう。そして治療費への不安は、生命保険や各種支援制度を積極的に利用するのが得策です。生命保険については、通常の基準や条件を満たせずに加入できない人もいます。しかしうつ病と診断された後でも加入できる種類のものがあるので、加入することができます。中でも告知項目が少ない引受基準緩和型なら例え持病があっても加入できます。さらに無選択型なら健康状態に関わらず加入可能です。これらの保険に加入するには、通常よりも割高な料金を払わなくてはなりませんが、さまざまなリスクに備えることができます。そしてがんに特化した保障しか受けられませんが、うつ病でもがん保険に加入することができます。そしてうつ病の治療期間には個人差がありますが、人によっては数年もの間治療を受け続けなければならないこともあります。治療費が重なり、生活の基盤が崩壊せぬよう家計のやりくりに気を配りましょう。もしわからないことがあれば、そのままにせずファイナンシャルプランナーへ相談するのも良い考えです。ファイナンシャルプランナーはお金に関する知識を備えた専門家なので、適切なアドバイスをしてもらえます。

Copyright© 2019 心の病を治すことは早期に発見して治療が必要 All Rights Reserved.